医療従事者支援第2弾!吟醸酒粕で作ったポークカツサンド弁当

本日6月28日月曜日(すいません、日にちが変わってしまいました・・・・)
関東労災病院へ、医療従事者支援隊として、
吟醸酒粕で仕込んだポークカツ弁当を、差し入れいたしました。
実は、こちらの病院、女将は10年以上も通院させていただいているのです。
だましだまし、なんとか付き合ってきた喘息が、ある夜爆発し・・・
握っていたiPhoneで救急車を呼んで、大病院へ。
そのあと、こちらの関東労災病院へお世話になり、それからのお付き合いです。
いまでは月一程度の定期的な診察なのですが、丁寧に診ていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
また、マスターは、まだ20代のころ、こちらの病院で扁桃腺肥大の手術を受けて、入院させていただいたとのこと。
たくさんお世話になった、こちらの病院。
差し入れのお弁当、何にしようか・・・と、ずーとずーと考えて、
そして今回たどり着いたのが、
吟醸酒粕を使ったポークカツサンド弁当。
クリームチーズとかぼちゃのサラダと和ピクルスは、海んちょの差し入れ弁当の定番です。
心と体のメンテナンスがしっかりできているから、私たちはコロナ禍でも踏ん張れています。
寝不足続きであろう医療従事者の方々、お肌も心もピッチピチになりますように。
感謝と敬意を込めて
一生懸命作りました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA